シリンダーが狂った鍵穴は使い物にならない

一見すると何も変わりが無いような鍵穴でも、使用している期間が長くなっていく度に何らかの不具合を起こしてしまうものです。その不具合の中でも一番多いのが鍵穴内部にある鍵の中枢構造と言ってもいい「シリンダー」が狂うことでしょう。このシリンダーが狂ってしまった鍵穴は使い物にならなくなってしまいますのでかなりの注意が必要です。

シリンダーの構造は非常に複雑です。あえて単純にシリンダーの構造について説明をすればいくつかの薄い板のようなものが何枚も重ねられるように鍵穴の中に設置されており、合致している鍵であればその薄い板が正確に揃って鍵が開くというものなのですが、単純に説明をしてもかなり分かり難い作りなのがわかるのではないでしょうか。さらに、最近はディスクタイプのシリンダー以外にも様々なタイプのものが登場しているので、一概にこのような構造とは言えません。これほどまでに複雑で、そして様々な種類のでてきているシリンダーですから、ちょっとでも不具合があれば正常に動作しなくなること、そして個人の力だけでは修復できないことが理解できるでしょう。

では一度狂ってしまったシリンダーはどうすればいいのでしょうか?これについては、やはり専門家に修理や交換を依頼することが大切です。素人ではシリンダーの取り扱いはまずできませんが、鍵についての専門的な知識を持たれている方であればこのシリンダーの狂いを修復してくれますし、交換を行う場合でもスムーズにその交換作業を行ってもらえます。

鍵穴の中のシリンダーの不具合はいつ起こっても不思議ではないですし、どのような鍵穴にでも起こり得るトラブルです。そのため、自分の家の鍵穴もシリンダーに不具合が起こるかもしれないことを念頭に置きつつ、事前のシリンダー対策やシリンダーが狂ってしまった時のための準備を行っておくと、万が一鍵穴が使い物にならなくなった時でも慌てることはなくなります。